« ここにいるだけ | トップページ | 祇園ばやし »

雨が降る

あなたの所へ行く時は
いつものように雨が降る。
誰にも祝福されないと
天から落ちる涙の雫。
傘を広げて見える景色に
暗い雲はは映らない。
道が滲んでいようとも
道が消え去っていようとも
歩く場所はいつもと同じ。
誰にも止めらない恋をした日から
誰にも会わない日々が始まった。

あなたの所から帰る時は
来た時と、おんなじ雨が降る。
自分さえも祝福できない
目からあふれる雨の雫。
傘を広げず仰ぐ空に
星のまばたき揺らめいて。

道がはずれてしまっても
道が消え去ってしまっても
帰る場所はいつもと同じ。
止めなければいけない恋をした日から
止まらない雨の日々が始まった。

 

|

« ここにいるだけ | トップページ | 祇園ばやし »

コメント

なんでしょう。これは。
久しぶりに投稿して、これですか。 (笑)

投稿: 銀河☆彡 | 2019年7月 1日 (月) 午前 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ここにいるだけ | トップページ | 祇園ばやし »