« カタリスト | トップページ | 流木 »

悲壮

我の無力に只涙しかなく、
己の不甲斐なさに、こころ詰まり
泣く事しか出来ない。

何もない時から、
寂しさをねじ伏せ、ひとりの時でも
強がってみせた。

もう終わりかと思いながら
悲しい気持ちを、隠そうともせず
声をたてていた。

残された者を、
不憫とも憐れとも、感じていても
何もできない。

その無力感を、
心の芯に沁みこませ、滲み出て行く
悲壮感。

この瞬間に命尽きれど
この想いを後世に引き継がず
朽ち果ててしまいたい

つらいと初めて思った。
自分が悲しいと心から思った。
何も、何も出来ないまま

文字が涙で滲み
書いている事が正しいのかさえ
もう分からない

悲しい、悲しい、悲しい、悲しい
今は、それだけしかない。
涙は尽きない。

|

« カタリスト | トップページ | 流木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カタリスト | トップページ | 流木 »